2020.102020年10月の子どもたちの様子


色づく木々に秋の深まりを感じる季節になってきました。
今年は新型コロナウイルスの影響であっという間に過ぎ、カレンダーも残すところ二枚になってしまいました。

困難な年ではありますが、子ども達のあどけないしぐさや、素直なことばに心癒やされ、いつも以上にささやかな喜びを感じた年でもあると思います。

そんな子ども達とこれからも、元気いっぱい戸外遊びや散歩で秋の自然を感じながら楽しく過ごしていきたいと思います。

ちゅうりっぷ組(0歳児)

2020年10月 子ども(ちゅうりっぷ組)の様子

秋も深まり、過ごしやすい日々が続いていますね。散歩に出掛けると、どんぐりや松ぼっくりなど秋を感じられるものをたくさん見つける事が出来ました。

月齢の大きい子は、どんぐりを拾ってコップに入れ、「カラカラ」となる音を楽しんだり、保育士や月齢の小さい子に「グリグリ」と言って見せてくれたりと子供達同士の関わりも増えてきたように思います。

ちゅうりっぷ組では、「バスに乗って♪」が大人気です。保育士が「バスに乗って揺られてる♪」と歌うと「ゴーゴー」と手をあげたり、3・2・1とカウントしたり喃語で話してくれたりとリズムに乗って元気に歌っている姿が見られます。
保育士の膝の上で揺られてる感覚が楽しいようで、誰か一人が膝の上で保育士と遊んでいると「僕も」「私も」と保育士の膝の上に乗り、みんなでバスの運転手になった気分で右に揺られたり、左に揺られたりと自分で体を傾けている子どももいます。


来月も子ども達の興味のある遊びを見つけ、引き出 していけるよう色々な遊びをしていきたいと思います。


ひまわり組(1歳児)

運動会が新型コロナウイルスの影響で中止となる中、19日からの一週間を「運動会週間」として運動会ごっこを開催しました!

お遊戯や玉入れ、かけっこ、たんぽぽ組のお兄さんお姉さんと一緒に大玉転がしやリズム遊びを行いました。
練習をしたりすることなく行いましたがどの子も上手に楽しく参加することができ、大玉転がしではたんぽぽ組さんと協力して体より大きな大玉を両手で一生懸命押している姿が見られました!お遊戯では手を繋いで輪になりマイムマイムを踊ったりエビカニクスを踊ったり…

音楽が大好きなひまわり組さんはどの子もノリノリで踊っていました♡毎日、日替わりで、様々な競技を行い子ども達も楽しく過ごせました♪体力がつき遠くまで散歩に行く事も出来るようになってきたので、これからも色々な所へ出かけ、元気いっぱい過ごして行きたいと思います。

2020年10月 子ども(ひまわり組)の様子
2020年10月 子ども(ひまわり組)の様子

たんぽぽ組(2歳児)

今月は天候の変化が大きく寒い日もありましたが、一週間運動会ごっこをしたり、天気のいい日には戸外で遊んだり散歩に出かけ思い切り体を動かして遊ぶことができました。

運動会ごっこでは一週間、のびのびじっくり楽しむことができ、最終日には全員メダルも貰い、嬉しそうにメダルを見つめ達成感を感じることができました。
製作では初めてハサミを使い一回切りをしました。ハサミを開いたり閉じたりすることが難しく苦戦する子もいましたが、諦めずに挑戦し繰り返し行う中で少しずつ上達していく子どもたちの姿が見られました。
どの子もハサミを使うことが楽しかったようで「またハサミやりたい!」「今度は一人でやってみたい!」ななど思い思いに話していました。
その後も室内で自由遊びのときにハサミの活動を取り入れてみると「私、やりたい!」「ハサミ難しいけど楽しい!」などと楽しんでハサミの活動を行っている姿が印象的でした。

来月も沢山散歩に出かけ、秋の自然に触れながら元気に過ごしていきたいです。

2020年10月 子ども(ひまわり組)の様子
2020年10月 子ども(ひまわり組)の様子

すずらん組(一時預かり)

10月に入り、季節はすっかり秋に移り、天気がいい日には散歩にもたくさん出かけられました。
公園に行くと、大きな滑り台やブランコ、鉄棒など園にはない遊具で遊んだり、おぼ山や金冠塚古墳に行って、傾斜を上り下りし、足腰の強化をしたり、バランスを取りながら凸凹道を歩いたり、体をいっぱい使って遊んでいます。
また、柿の実を見つけ、触ってみたり、落ち葉も増えてきたので、落ち葉遊びをしたり秋の自然に触れる機会も多くありました。

また、今年度が始まり、半年たち、子ども達もお友達の名前を覚えたり、朝や帰りの会の歌、食事の前の挨拶などを覚えて、元気な声が聞こえてきます♪♪

11月もたくさん戸外や散歩に出掛けていきたいと思います。

2020年10月 子ども(すずらん組)の様子