Lunch Menu給食

2019年6月の給食献立

2019年6月の給食献立

クリックして拡大する

五観の偈(ごかんのげ)

  • 一つには功の多少を計り彼の来処を量る
  • 二つには己が徳行の全欠を忖つて供に応ず
  • 三つには心を防ぎ過を離るることは貪等を宗とす
  • 四つには正に良薬を事とすることは形枯を療ぜんが為なり
  • 五つには成道の為の故に今此の食を受く

略訳

  • 一つ目には、この食事がととのうまでの多くの人々の働きに思いをいたします。
  • 二つ目には、この食事をいただくにあたって、自分の行いが相応しいものであるかどうかを反省します。
  • 三つ目には、心を正しく保ち過った行いを避けるために、むさぼりの心を持たないことを誓います。
  • 四つ目には、この食事を、身体を養い、力を得るための良薬としていただきます。
  • 五つ目には、この食事を仏教の教えを正しく成し遂げるためにいただきます。

一(ひと)つには功(こう)の多少(たしょう)を計(はか)り彼(か)の来処(らいしょ)を量(はか)る
二(ふた)つには己(おのれ)が徳行(とくぎょう)の全欠(ぜんけつと)を忖(はか)つて供(く)に応(おう)ず
三(み)つには心(しん)を防(ふせ)ぎ過(とが)を離(はな)るることは貪(とん)等(とう)を宗(しゅう)とす
四(よ)つには正(まさ)に良薬(りょうやく)を事(こと)とすることは形枯(ぎょうこ)を療(りょう)ぜんが為(ため)なり
五(いつ)つには成道(じょうどう)の為(ため)の故(ゆえ)に今(いま)此(こ)の食(じき)を受(う)く